法人契約の保険の税務について記事を作成させていただきたいと思いますので、ご参考までにご覧下さい。

法人契約の保険の税務について
法人契約の保険の税務について

法人契約の保険の税務について

法人契約の保険の税務について記事を作成させていただきたいと思いますので、ご参考までにご覧下さい。法人が生命保険契約を結んだ場合には、帳簿に記録(経理処理)します。その際に、企業の利益(益金)として計上するか、損金として計上するか、資産として計上するかは保険の種類ごとに定められています。法人が支払った保険料の中で、定期保険の保険料や特約保険料は損金算入します。終身保険、養老保険の保険料は資産計上(保険料積立金)します。前述にかかわらず、特定の役員、従業員を被保険者とする場合には、損金算入(給与)します。

法人契約の保険から保険料が支払われた場合についていくつか経理処理を例を挙げたいと思います。資産計上が無い場合には、資産計上を行います。資産計上がある場合の契約に関しては、受け取った金額と資産計上額との差額を益金算入(雑収入)または、損金算入(雑損失)します。保険金を受け取った後に、退職金や見舞金として役員、従業員に支給(現金の支出)した場合には、別途経理処理を行います。保険金等の受取人が法人で無い場合には、保険金等について経理処理を行う必要はありません。ただし、資産計上額がある場合には、取り崩すためにその額を損金算入を行います。

お役立ち情報のご案内